005 アーバンパーマカルチャーツアーforest
2014/9/3 パーマカルチャーツアー前半。オーカス島のくらし

P9114366.jpg

P9074260_1024.jpgP9064136.jpgP9064123.jpgP9064130.jpgP9074283_1024.jpgP9074276.jpgIMG_2032.jpgP9064226.jpgIMG_1804.jpgIMG_2091.jpgIMG_2051_1024.jpgIMG_1973.jpg

IMG_1873_1024.jpg

P9114375_1024.jpgIMG_1808.jpgIMG_1935.jpgIMG_1891.jpgP9064225_1024.jpgP9064207.jpgP9084314.jpgP9114365.jpgP9074241.jpgP9084335.jpgP9074300.jpgIMG_2033.jpg

P9074281.jpg

P9084322_1024.jpgP9064185_1024.jpgP9064142_1024.jpgP9074258_1024.jpgP9114373_1024.jpgP9064133_1024.jpgP9074288_1024.jpgP9074249.jpgひよっこIMG_2045_1024.jpgP9114349.jpg

P9074251_1024.jpg

P9064158_1024.jpgP9204389_1024.jpgP9064218.jpgP9124383.jpgP9084313_1024.jpgP9064193.jpgP9114353.jpgP9074274.jpgIMG_2076.jpgP9074255.jpgIMG_1899.jpgIMG_1839.jpg

本物の楽園へ

女神の郷海外編。東京アーバンパーマカルチャー主催する ソーヤー海くんの感動のパーマカルチャーツアーへ行ってきました。

パーマカルチャーとは、人間にとっての恒久的持続可能な環境を作り出すためのデザイン。パーマカルチャーの3つの倫理「地球への配慮」「人への配慮」「資源を共有する」(この3番目が重要!)
この価値観をもって、場所、エネルギー、時間、情報、のデザインをしていくことを体験する今回のツアー。シアトル、ポートランドへ行ってきました。

まずは、ワシントン州にあるオーカス島へ
海くんが世界中で一番好きな場所というブロックス3兄弟のつくったThe Bullock's Permaculture Homesteadへ

1981年にこの何もなかった土地にブロックス3兄弟がやってきて楽園づくりがはじまりました。
まずは、最重要な貯水の仕組みをつくることからはじめ、自然の仕組みを利用した沼づくり、そして配管、貯水をつくったそうです。
パーマカルチャーでは、最重要なことからやるということが鉄則。計画的に、土地や間取りをゾーンニングしていきながら配置していきます。先を見据えた計画的なデザイン、自分の暮しにあったデザイン、手入れの少ないデザイン、人と土地を活かすデザインをしていきながら30年つくり続けているそうです。小田まゆみさんのジンジャーヒルファームの最初はブロックス3兄弟のダグがデザインしました!

24エーカー(東京ドーム2個分)の土地には、みんながつどいやすいよう、真ん中にアロハロッジ、アウトドアキッチンが配置されています。そこでは、毎日ミーティングをし、毎日つかうアースオーブン、があるので必ず人が集まるデザインに。
この土地ででるものは全てが循環していて無駄がありません。シャワーの周りにきのこを栽培していたり、サウナはグリーンハウスの蓄熱に使われていたり、排水も浄化し植物へリサイクルされ、コンポストトイレは資源再生所のようで、使うたびに自然の一部として誇らしく思えました。w それらの法則をつかって、デザインしてく事でより効率化されたり、楽になっていくことができるのが人間なのだなーと思いました。

研修生たちは常に何かをつくったり、実験をしていて、ツアー中にはそれぞれやってみたい仕事に参加させてもらい、つくりかた、見方を学びました。わたしは、洗濯機の排水を循環させる仕組みをつくらせてもらいました。土地の高さや流れ、そのさきにあるものを観察をすると循環がみえてきて、自然の力を借りることが最も適した循環になるということ、なるほどがたくさん。
ここでは、たくさんのヒントが隠れていて、パーマカルチャーの12の原則もみることができ、これなら日本でもできるとわくわくする毎日でした。
働く量を減らしながら、ほしいところにほしいものがある、土地全体が自然に沿ったデザインでできたここはすべてがギフトの場となっているまさに楽園でした!大事な事は、おいしいものを食べる、笑う、大好きな人といること!


生きるためにいただく収穫

動物の特性をつかって、土地をつくっていくこともパーマカルチャーのひとつ
組木でつくるモバイルハウスをつくっていたエメットとブルックは、羊と一緒にくらしています。
羊を移動させ草を踏んで土地をよくしていきながら土をつくっていきます。
生きていくためにいただくことは何かを収穫する事、それに感謝をすることが命の大切さだと、心をこめてお話ししてくれたエメット
今回は、冬を越せない羊の収穫に参加させていただきました。
収穫の前はすべての羊と静かに時間を過ごします。そのあと1頭の羊は群れのそばで静かに命を捧げてくれました。
すべてが大事なプロセスで、静かな時間を共に過ごす事でその場が一体になり、とても静かに、苦しむ事ない羊の命とその時間に感謝の気持ちが湧き上がってきます。
自分たちの命が生かされていくために、命をいただくことを手に取って体験する事ができる貴重な時間でした。
この羊達は、私たちの手ですべてきれいに解体され、調理しいただきました。解体は羊飼いのイタリア人のサンドロの自転車の空気入れでポンプアップしていくやり方、羊の主、エメットのムートンを奇麗に1枚に剥ぐやり方を教えていただきました。
内臓もひとつずつみていくと人間と同じ臓器がきれいに配置されていて、命をいただいているという満たされた不思議な気持ちになりました。その夜は、10時間程調理されたラム(カットされると肉になるという。。。)を焚き火を囲みながらいただき、輝く月の中、全員でテイルゲイトパーティーとなりました。
羊さん命を、素晴らしい体験をありがとう!

The Bullock's Permaculture Homestead

http://www.permacultureportal.com

東京アーバンパーマカルチャーHP

http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp